【引き寄せの法則】嫌なことがあったときの気持ちの切り替え方!

引き寄せの法則を実践中に、嫌なことがあったときの気持ちの切り替え方を4つ紹介します!どれも実際に私がやってみて効果的な方法だったので、嫌なことがあって良い気持ちに戻れない、という方はぜひ参考にしてください!

ぴこ
ぴこ

嫌なことがあっても、良い気持ちに切り替えができると引き寄せが加速しますよ!

引き寄せの法則ではいい気分でいることが大切!

引き寄せの法則では、いい気分でいることがとっても大切です。解説する方によってはワクワクなどの言葉でも表現されますね。

いい気分でいれば、いい気分になるような素敵な出来事が引き寄せられる。これが引き寄せの法則の基本的な考え方です。

実際に楽しいときは簡単にいい気分になれますが、嫌なことがあったときにどうすればいいのかと悩む方も多いですよね。

ぴこ
ぴこ

私の場合は苦手な人がいて、その人と会う予定があるだけでどうしても良い気持ちになんてなれない!と思っていました。

実際に私が嫌なことがあったときに使う気持ちの切り替え方について、皆さんにシェアしていきます!

嫌なことがあったときの気持ちの切り替え方!

嫌なことがあったときの気持ちの切り替え方4つ
  1. 別のことをイメージする
  2. 好きな行動をする
  3. 「私がいい気持ちでいることが1番大切」と唱える
  4. 降参してすぐに寝る

引き寄せの法則を実践中に嫌なことがあったときは、上記の切り替え方4つを試してみるのがおすすめです!1つずつ詳しく解説していくので、自分に合う方法を見つけてみてください。

【気持ちの切り替え方①】別のことをイメージする

現実

嫌な人が職場にいて、仕事に行くことを考えるだけで気が重い。

「明日会社に行くのやだな」と考えて落ち込む。

脳内イメージ

あの人のことを考えると落ち込むから、好きなパン屋さんのことを考えるようにする。

「そういえば、新しいパン屋さんが駅前にできたから、出社前に買ってから行こうかな。パンといえば、ホームベーカリーでパン作りに挑戦したいかも」…とどんどん嫌な人から思考を離す。

嫌なことにあったとき、その瞬間や後になっても嫌な出来事が頭から離れなくて、どんどん落ち込むというのは良くあることですよね。

ぴこ
ぴこ

別のこと、特に自分が好きなことや興味あることを考えて思考をどんどん嫌なことから離しましょう!

頭の中で嫌なことがぐるぐると回っていると、また望んでいないことを引き寄せてしまうかもしれません。また、上手に気持ちの切り替えができないことに落ち込むことだってあるでしょう。

目の前に嫌な人がいて、何か嫌なことをされたときも同様に思考をどんどん違う方向へ飛ばしてください。

私は仕事で嫌なことがあったときは、旅行について考えていました。「北海道に行きたいな。行くならどこかな。海鮮丼美味しいんだろうなー」といった感じです。

ちょっとした嫌なことであれば、この方法で十分気持ちを切り替えることができましたよ。

【気持ちの切り替え方②】好きな行動をする

私が行った好きな行動
  • 湯船にゆっくり浸かる
  • 一人でカラオケに行って歌いまくる
  • 友達を飲みに誘ってたくさん笑う
  • お気に入りのカフェでコーヒーを飲む
  • ハンドクリームを塗り込む
  • ヘアパックなど丁寧に時間をかけてヘアケアをする
  • コンビニに行って好きなものをなんでも買っちゃう
  • 漫画を読む

嫌なことがあって別のことをイメージしても気持ちが切り替えられない時は、実際に好きな行動をしてみてください。

例として私が実際に嫌なことがあったときにやった好きな行動です。できれば、その作業に没頭できるといいですね。

行動によっては好きでも切り替えができないことがあります。例えば、上記の例だと『湯船にゆっくり浸かる』と『漫画を読む』は、私の場合あまりにも嫌なことだと頭から離れてくれませんでした。

その場合、より没頭できるカフェでのコーヒーや、友達との飲み会(ズーム含む)などが効果的でした。

ぴこ
ぴこ

好きな行動でも嫌なことのレベルによっては対処できないことも…まずはすぐに試せそうなことをやってみてください。

【気持ちの切り替え方③】「私がいい気持ちでいることが1番大切」と唱える

この方法が私は1番自分に合っていて、今では嫌なことがあるとこの方法を使います。

ただ、脳内で「私がいい気持ちでいることが1番大切」と呟くだけです。そうすると、目の前の煩わしいことも、嫌なことも、不安なことも、全部優先順位が低く感じます。

「そっか、私にとって私がいい気持ちでいることが1番大切で、1番優先しないといけないことなんだ。だったら、あの人のあの発言とか気に留める必要ないな」と思えるんですよ。

ぴこ
ぴこ

あなたにとって1番大切なことは、あなたがいい気持ちでいること。それだけなんです。

【気持ちの切り替え方④】降参してすぐに寝る

ぴこ
ぴこ

何しても無理ー!

上記で紹介した方法でも、どうしても気持ちの切り替えができない。そんな日はもちろんあってもおかしくありません。

とってもストレスがかかった出来事だったのかもしれませんし、疲れが溜まっているのかもしれません。女性であればホルモンのバランスも関係してきますよね。

そんな時は大丈夫!もう降参をしてその日はできるだけ早く寝てください。

ぴこ
ぴこ

たまにはそんな日があってもいいんです。「もう降参!」って声に出してから寝るのもいいですよ。

引き寄せの法則を4年続けて、随分と日常に馴染んだなーと感じている私でもたまにあります。もやもやーとした気持ちが無くならないときは、今日はもうそういう日だなと思ってすぐに寝ます。

すると、次の日の朝にはすっかり気分が良くなっていますよ。

もやもやした気持ちで寝ると、悪いことを引きせちゃうかも?と不安になる方もいますよね。でも、その時以外にちゃんといい気持ちになれれば大丈夫ですよ。

ぴこ
ぴこ

睡眠は体が勝手にしてくれる最高の気持ちの切り替え方!安心して上手に取り入れてきましょう。

引き寄せの法則が加速しても嫌なことは起こり続けるの?

嫌なことが起こる理由
  1. 自分の欲求に気がつくため
  2. その嫌なことが別の結果につながるため

できれば嫌なことは起きてほしくないですよね。でも、引き寄せの法則が加速していいことがたくさん起きるようになっても、嫌なことは起こり続けます。

それは些細なことから、結構大きなものまで様々です。嫌なことが起きる理由としては上記の2つがあります。

まず、自分の欲求に気がつくためです。ずっと嫌なことが起きずに毎日が繰り返されていると、自分の欲求に気が付きにくくなります。

例えば攻撃的な人と出会うことで、自分は平和に生きたいという欲求に気がつくことができます。こんなものがあった便利だな、と思うことで何かの発明につながることもあります。

ぴこ
ぴこ

引き寄せの法則にしっかりと乗れていれば、嫌なことが起きても安心感があります。すぐに良いことがたくさん起きると分かっているからです。

もう1つの理由としては、嫌なことがあったことによって別の結果につながるためです。

例えば、職場でいじめにあって辞めたことによって天職に出会える恋人に振られたことで理想の人と出会って結婚する、などがこの理由に当たります。

良い変化の前の嫌な出来事で、人によって好転反応という言い方をする方もいますね。

ぴこ
ぴこ

過去を振り返ると、その当時は困ったけれど結果的に良かったということがありますよね。

嫌なことがあったときも慌てず冷静に対応しよう!

引き寄せの法則ではいい気分でいることが大切ですが、嫌なことは起きてしまいます。嫌なことがあったときは、ぜひこの記事の内容を思い出して気持ちの切り替え方を試してみてください!

ぴこ
ぴこ

嫌なことがあったときに上手に対処ができれば、ぐっと引き寄せの法則が簡単になりますよ!

【引き寄せの法則】自分を大切にするコツ!日常で簡単にできる方法を紹介